読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野村茎一作曲工房日記2

作曲家の野村茎一が日々の出来事を綴ります

2016年8月5日(金)庵野秀明監督の才能に脱帽、シン・ゴジラ。

313341

 

 モリアキ翁97歳をデイサービスに送り出して、家事を済ませてからユナイテッド・シネマ浦和に向かった。今日のチョイスは “もやぶー” 。

 

f:id:tomlin:20160805104645j:plain

ここは神明町のあたり

 

f:id:tomlin:20160805105243j:plain

久しぶりに乗ると、“もやぶー” は羽のように軽やかだ。楽しすぎて、あっという間に浦和パルコに到着。

 

f:id:tomlin:20160805132910j:plain

シン・ゴジラを見終わって、まぶしい外の光に現実にひきもどされた瞬間。

 

 シン・ゴジラは傑作だった。ゴジラ映画として傑作なのではなく、映画として傑作。何を書いてもネタバレになりそうだけれど、ネット上に溢れるレビューは当たっていそうで、微妙に的外れという感じだった。おそらく、手練れのレビュアーでもシン・ゴジラを正しく表現するのは難しいのだと思う。

 庵野秀明監督のインスピレーションは、前29作全てを陳腐化してしまった。 

 ぜひIMAXでご覧になることをお薦めしたい。

 

f:id:tomlin:20160805133451j:plain

忠実な “もやぶー” 。いつでも、おとなしく待っている。

 

f:id:tomlin:20160805133724j:plain

地下駐輪場から地上まで行くには、この自転車用エスカレーターと、専用エレベーターがある。

 

f:id:tomlin:20160805133901j:plain

 

f:id:tomlin:20160805134300j:plain

 

f:id:tomlin:20160805134922j:plain

34.5度は暑い。

 

f:id:tomlin:20160805163438j:plain

オオアレチノギクの蕾が膨らんできた

 

f:id:tomlin:20160805163502j:plain

 

f:id:tomlin:20160805170218j:plain

笹目川。まだ、少しヘドロ臭が残っている感じ。

 

f:id:tomlin:20160805170245j:plain

 

f:id:tomlin:20160805170415j:plain

 

f:id:tomlin:20160805170525j:plain

 

f:id:tomlin:20160805171027j:plain

 

f:id:tomlin:20160805172446j:plain

矢口公園

 

f:id:tomlin:20160805172642j:plain

 

f:id:tomlin:20160805200758j:plain

これは夜になってから買い物にでかけた時に通りかかった新田口公園。水銀灯が緑色であることが良く分かる。