読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野村茎一作曲工房日記2

作曲家の野村茎一が日々の出来事を綴ります

2016年10月7日(金)涼風荒川CR上流ライド Part 2

315139

 

Part 1 の続き

 

 開平橋を越えていつもの左岸CRに戻ってきた。

  

f:id:tomlin:20161007135922j:plain

こういうところを走れる幸せを分かってもらえるだろうか。

 

f:id:tomlin:20161007135937j:plain

 

f:id:tomlin:20161007135942j:plain

 

f:id:tomlin:20161007140103j:plain

 

f:id:tomlin:20161007140109j:plain

堤防の除草を終えてツルンとなった、上尾とさいたま市の清掃工場前。

 

f:id:tomlin:20161007140603j:plain

中央左のドームは水門の上部。

 

f:id:tomlin:20161007140716j:plain

堤防外側の排水機場か?

 

f:id:tomlin:20161007140720j:plain

チラッと見える水門の3つのドーム

 

f:id:tomlin:20161007141201j:plain

ややや、またまた飛行船に出会った。

 

f:id:tomlin:20161007141234j:plain

鳥たちと一緒に飛ぶ飛行船

 

f:id:tomlin:20161007141853j:plain

治水橋下流側の左岸堤防を走るのは、初めて。

 

f:id:tomlin:20161007141928j:plain

数百メートル先に工事中の現場がある。

 

f:id:tomlin:20161007141931j:plain

 

f:id:tomlin:20161007141939j:plain

水田ルートの北側、いつもは、この樹々の反対側(向こう側)の迂回CRを走っている。

 

f:id:tomlin:20161007142028j:plain

当然のことながら誰も走っていない。

 

f:id:tomlin:20161007142154j:plain

ここから堤防を降りて、一般道で荒川総合運動公園まで走る。

 

f:id:tomlin:20161007144546j:plain

羽根倉橋を渡ったところ。もう走り去ってしまったけれど、ディープリムからフレーム、バーテープ、ウェア、ヘルメットまで全てをビアンキカラーでコーディネートした、それはそれは美しいアピアランスのお姉さんが駆け抜けていった。

 

f:id:tomlin:20161007171722j:plain

帰宅後、ここからが今日の本番。買い出しに行って、家族全員をうならせる夕食を用意するぞ。

 

f:id:tomlin:20161007171809j:plain

今日の月。

 

f:id:tomlin:20161007172016j:plain

これは、どのように説明したら良いか分からないのだけれど、ほんの数分間だけ輝いた美しい雲。

 

f:id:tomlin:20161007172512j:plain

静まりかえる笹目川。そう言えば、午後から南風に変わったのだった。

 

f:id:tomlin:20161007172532j:plain

5時過ぎだと言うのに、もう暗くなろうとしている。

明日はレッスンの集中日。これも楽しみだ。