読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野村茎一作曲工房日記2

作曲家の野村茎一が日々の出来事を綴ります

2016年10月10日(月)体育の日 糠田橋周回ライド お向かいさんと同道

315238

 

 モリアキ翁97歳をデイサービスに送り出して、チェーンリングを換装したばかりのTN号で出かけようかと思っていたら、作曲工房のお向かいのお兄さんもロードバイクで出発するところだった。

 で、一緒に走ることになった。彼のマシンはDomane S5。相手に不足はない(ありすぎだろ!がんばれTN号)。

 多摩CRにだって遠征してしまう長距離型の彼だけれど、荒川CR左岸上流は未体験ということだったので、そこに決まり。左岸CRで糠田橋まで遡上、渡橋して右岸に移って帰宅するコース。9月25日の「大波乱!大芦橋周回ライド」の大芦橋のひとつ手前の橋を渡るので、想定される走行距離は80kmを超える程度。

 

f:id:tomlin:20161010102031j:plain

霞む朝霞市

 

f:id:tomlin:20161010115252j:plain

あっという間に上尾市円山公園西側の、いつもの四阿(あずまや)とDomane S5。

 

f:id:tomlin:20161010123909j:plain

ぐんぐん距離を稼いで、桶川市を通過して北本市へ。ACR左岸ルートは一本道ではなく、複雑に右左折して進むのに、コース案内のない区間が多い。そんなこともあって、ロードバイクの数は右岸より格段に少ない。

 

f:id:tomlin:20161010124942j:plain

冷たい北風の中をガンガン走る。

 

f:id:tomlin:20161010130412j:plain

そして、またまたあっという間に鴻巣市。不敵な笑みを浮かべるとむりん氏。

 

f:id:tomlin:20161010130505j:plain

御成橋をアンダーパスしてようやく左岸堤防に登ることができる。

 

f:id:tomlin:20161010130513j:plain

振り返って眺めた御成橋。

 

f:id:tomlin:20161010131442j:plain

これは糠田橋。

f:id:tomlin:20161010132142j:plain

吉見運動公園管理棟に到着。写っているのがお隣さんのM氏。190cm近い長身。バイクのサイズが大きいことも、手前のスペシャライズドと比較すれば一目瞭然。

 

f:id:tomlin:20161010135846j:plain

桜堤公園の2kmに及ぶ桜並木

 

f:id:tomlin:20161010154017j:plain

無事、彩湖に戻ってきた。