読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野村茎一作曲工房日記2

作曲家の野村茎一が日々の出来事を綴ります

2016年11月2日(水)ダリ展 国立新美術館

316187

 

 前回(10年前)のダリ展を見逃しているので、ダリは20年前の横浜みなと未来美術館以来。

 今回は、ダリの最初期から、その生涯と変遷を追っていく大規模な展覧会で「知らないダリ」を知る貴重な機会となった。

 

f:id:tomlin:20161102095237j:plain

寒いのでダウンジャケットを着て出かけた。11月になったばかりなのに年末のような雰囲気。

 

f:id:tomlin:20161102103919j:plain

新宿駅で総武線各駅停車に乗り換えて、信濃町から2kmを歩く。

 

f:id:tomlin:20161102104028j:plain

甲府から帰ってきたスーパーあずさ6号。

 

f:id:tomlin:20161102105956j:plain

前回は代々木から歩いた。今回は信濃町から。

 

f:id:tomlin:20161102110001j:plain

これが個人宅ならびっくり。

 

f:id:tomlin:20161102110113j:plain

明治記念館て、こういうところだったのか(すぐ早とちりする)。

 

f:id:tomlin:20161102110131j:plain

 

f:id:tomlin:20161102110327j:plain

 

f:id:tomlin:20161102110856j:plain

 

f:id:tomlin:20161102111558j:plain

古い家をリノベーションした物件か?

 

f:id:tomlin:20161102111603j:plain

町が新陳代謝している。

 

f:id:tomlin:20161102111651j:plain

神宮外苑東宮御所赤坂御用地など緑の多い土地柄。このような公園もてんざいする。

 

f:id:tomlin:20161102111656j:plain

 

f:id:tomlin:20161102112825j:plain

シンビ到着。西口から入る。エントランスで “たろ” と合流。会うのは久しぶりなのに、メールでやりとりしたりしているので、そんな感じはしない。

 

f:id:tomlin:20161102112828j:plain

 

f:id:tomlin:20161102112930j:plain

シンビは新しい施設なので、駐車場はなく、代わりに駐輪場がある。場所はチケットブースの奥。

 

f:id:tomlin:20161102113044j:plain

←こっちだぜ

 

f:id:tomlin:20161102113052j:plain

50台収容

 

f:id:tomlin:20161102113133j:plain

でもガラガラ。50km圏内のローディ、30km圏内のスポーツバイカー、15km圏内のママチャリライダーは自転車で来よう!

 

f:id:tomlin:20161102113151j:plain

駐輪していたのはヤマハの電動アシスト・スポーツバイク(MTBタイプ)。内装8段変速でバッテリーは最大75kmと謳っているモデル。アシストを登り坂や向かい風だけに限定的に使えば、さらにアシスト距離が延びることだろう。

 

f:id:tomlin:20161102113830j:plain

日展はトビ(都立美術館)だとばかり思っていたけれど、シンビに移ったらしい。

この後、ダリ展に突入。撮影禁止なので画像はないけれど、唯一「メイ・ウェストの部屋」だけは例外。

 

f:id:tomlin:20161102125202j:plain

 

f:id:tomlin:20161102125245j:plain

 

f:id:tomlin:20161102125712j:plain

 

f:id:tomlin:20161102125751j:plain

巨大な鏡に向かって撮影

 

 今回の展覧会では、ダリとルイス・ブニュエルが共同制作した映画「アンダルシアの犬」、そしてダリがディズニーと共同制作したアニメ作品「デスティーノ」が上映されていた。デスティーノはファンタジア2000に加えられる可能性もあった作品だけれど、ボツとなった。ディズニー的とは言えないテイストだったからかも知れない。

 また、本展では「ダリは、いつダリになったのか」という疑問にも応えていたと思う。

 展示された初期の作品は、たとえばマティスの模写かと思わせるようなものだったりして、様々なスタイルを吸収して進化していくダリの姿を見た。

 そしてシュールリアリズムに到達したダリ、さらにそれを押し進めるダリ、原子力時代のダリへと変貌していく。

 それで、思い出した。今日はダリ・アトミクス(要検索)の生プリントを初めて見た。

 

f:id:tomlin:20161102130037j:plain

天気予報は午後から晴れのはずなのに、雨が降ってきた。ここで、カミさんと “たろ” と別れて、私は帰宅。

 

f:id:tomlin:20161102131107j:plain

帰りはメトロ千代田線乃木坂駅から乗車。

 

f:id:tomlin:20161102131816j:plain

天気予報は晴れ。現実は雨。ひまわり8号になってから、こういう大ハズレは珍しくなった。

 

f:id:tomlin:20161102132418j:plain

表参道駅でメトロ副都心線のF急行に乗り換えて池袋まで。

 

f:id:tomlin:20161102132638j:plain

副都心線表参道駅

 

f:id:tomlin:20161102134724j:plain

池袋駅宇都宮線に乗って赤羽駅まで。

 

f:id:tomlin:20161102134853j:plain

中距離型のE233系E232形(がた)も同系列なのでF233系と呼ぶ。

 

f:id:tomlin:20161102164220j:plain

夕方の水汲み時にナイター照明の明るさに、ある意味感銘を受けて撮影。