読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野村茎一作曲工房日記2

作曲家の野村茎一が日々の出来事を綴ります

2016年12月7日(水)真冬のような寒さ Part 2 帰路とモリアキ翁97歳 退院準備

317243

 

 

f:id:tomlin:20161207124857j:plain

丸山公園

 

f:id:tomlin:20161207124910j:plain

開平橋上流側の荒川

 

f:id:tomlin:20161207130216j:plain

荒川と開平橋

 

f:id:tomlin:20161207130222j:plain

開平橋橋脚と下流側

 

f:id:tomlin:20161207130515j:plain

ACR左岸の正規ルートを外れて大宮国際カントリークラブを抜ける一般道を走る。

 

f:id:tomlin:20161207130601j:plain

とても素敵な道だ。なにより交通量が少ないところがいい。

 

f:id:tomlin:20161207131230j:plain

旧上江橋橋脚

 

f:id:tomlin:20161207131318j:plain

これから、こんな素敵な道を走る。

 

f:id:tomlin:20161207131549j:plain

柚子の木が並んでいる。

 

f:id:tomlin:20161207133504j:plain

水田ルートまで戻ってきた。

 

f:id:tomlin:20161207133513j:plain

 

f:id:tomlin:20161207133516j:plain

 

f:id:tomlin:20161207134332j:plain

トンネルを間もなく抜ける

 

f:id:tomlin:20161207135826j:plain

ちょっと家でのんびりしすぎた。大急ぎでモリアキ翁の病室に向かう。

 

f:id:tomlin:20161207154926j:plain

 

f:id:tomlin:20161207160548j:plain

 

f:id:tomlin:20161207160555j:plain

 

f:id:tomlin:20161207161310j:plain

上弦

 

f:id:tomlin:20161207162236j:plain

 

f:id:tomlin:20161207162735j:plain

病院駐輪場、今日のお隣さんはTN号と同じセラSMP製のサドルをチョイスしたビアンキMTB

 

f:id:tomlin:20161207165407j:plain

病室を出て帰宅する途中、病棟の窓から撮影した日没後の西空。

 

f:id:tomlin:20161207170341j:plain

昨日、営業を辞めてしまったと書いた店が開店していた。昨日は店休日?今度、入ってみよう。

 

若い人には実感がないかも知れないけれど、モリアキ翁と暮らしていると、年金だけでは充分な医療を受けられないことが良くわかる。モリアキ翁は何とかなっているけれど、自分の老後は対策を立てないと大変なことになるだろう。

  

Part 1 に戻る