読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野村茎一作曲工房日記2

作曲家の野村茎一が日々の出来事を綴ります

2017年2月20日(月)春の嵐、ただし作曲工房周辺は夜になってから。

319377

 

 近畿・東海地方で春一番。関東の沿岸部でも強風が吹き荒れて、空の便は欠航が相次いだというニュースがあった。

 対して、作曲工房周辺では春の嵐というほどの風は吹かなかった。しかし、夕方から雨となり、夜遅くには轟々と音を立てて強い風が吹き始めた。

 現在(翌0時すぎ)は雨もやんで星が瞬いているものの、北からの強風は吹き続けている。

 

f:id:tomlin:20170220011605j:plain

昨日の生活リズム。ペガサス47回目達成。

 

f:id:tomlin:20170220130112j:plain

午前中はレッスン。午後になって水汲みに。空模様の変化は激しいものの、笹目川は穏やか。

 

f:id:tomlin:20170220130119j:plain

 

f:id:tomlin:20170220135803j:plain

 

f:id:tomlin:20170220140131j:plain

 

f:id:tomlin:20170220140816j:plain

 

f:id:tomlin:20170220140822j:plain

 

f:id:tomlin:20170220143357j:plain

 

f:id:tomlin:20170220143415j:plain

 

f:id:tomlin:20170220143430j:plain

 

f:id:tomlin:20170220143705j:plain

 

f:id:tomlin:20170220151350j:plain

谷口上橋。芦原橋、池ノ尻橋と同じ人道橋。

 

f:id:tomlin:20170220151358j:plain

 

f:id:tomlin:20170220152750j:plain

南葛線2番鉄塔。この鉄塔の図面を引いた人がいるということが信じられない。

 

f:id:tomlin:20170220154430j:plain

夕方、雨が降り始めた。

 

 昨日の記事には書かなかったのだけれど、荒川河口への往路で、左脚を太ももの付け根から失ったライダーに、あっさりと抜かれたのだった。

 彼は、綺麗な、しかも力強いペダリングでどんどん離れていって、数分で視界から消えてしまった。昨日は、ずっとその光景が脳裏から離れず、なんとも勇気づけられた気持ちで最後まで走れたのだった。

 そのようなわけで、昨日から、もう何があってもへこたれないぞという気分になっていて、少し強くなれた気がしている。