読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野村茎一作曲工房日記2

作曲家の野村茎一が日々の出来事を綴ります

2017年3月6日(月)

319762

 

 昨日は花粉の猛攻にも関わらず、実に楽しいロングライドだった。その翌日はBW号であってもペダルが軽い。午前中のレッスンを終えて水汲みに。

 

f:id:tomlin:20170306140034j:plain

カイツブリ

 

f:id:tomlin:20170306140037j:plain

一度潜ると、次にどこに浮き上がるか分からないカイツブリの撮影は難しい。

 

f:id:tomlin:20170306140044j:plain

 

f:id:tomlin:20170306140048j:plain

今日はラッキーだった

 

f:id:tomlin:20170306140317j:plain

 

f:id:tomlin:20170306140326j:plain

 

f:id:tomlin:20170306142756j:plain

 

f:id:tomlin:20170306142826j:plain

この後、雨が降り出して、BW号備え付けのレインウェアで濡れずにすんだ。BW号にはレインウェア上下のほかにレインシューズカバーを常備している。寒い季節には足先が濡れると厳しい。ただし、今日は使わずに終わった。

 

f:id:tomlin:20170306162213j:plain

雨が上がってから夕食の買い出し。

 

f:id:tomlin:20170306162700j:plain

 

f:id:tomlin:20170306162714j:plain

 

f:id:tomlin:20170306171358j:plain

 

f:id:tomlin:20170306171420j:plain

 

f:id:tomlin:20170306174053j:plain

あっという間に天気が回復、明日は晴れだ。

 

f:id:tomlin:20170306174123j:plain

 

f:id:tomlin:20170306174327j:plain

 

f:id:tomlin:20170306174407j:plain

 

 夜になってから(それもかなり遅く)、“たろ” が「もやぶー4号」を受け取りにきた。使い方、折りたたみ方を説明するのに2人ともヘッドライト装着で、まるでこれからケービングをするかのようだった。

 結局23時近くになってから、彼女を戸田橋を渡って板橋側までエスコートする羽目になった。

 “たろ” は「もや4」を走らせた印象を「ものすごく切れ味の良い刃物みたい」だった。サクサク進むという意味では、そのとおりだと思うけれど、真意は分からん。