読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野村茎一作曲工房日記2

作曲家の野村茎一が日々の出来事を綴ります

2017年3月28日(火)

320247

 

 朝は晴れていたけれど、午後から雲が広がった。

 

f:id:tomlin:20170328150624j:plain

今日も大潮。満潮時刻の17時46分に向けて水位を上げる笹目川。

 

f:id:tomlin:20170328150647j:plain

 

f:id:tomlin:20170328150914j:plain

 

f:id:tomlin:20170328151040j:plain

谷口公園の桜が開花

 

f:id:tomlin:20170328151047j:plain

 

f:id:tomlin:20170328163817j:plain

間もなく大潮、満潮。夕食の支度のために帰宅途中。

 

f:id:tomlin:20170328163904j:plain

夕方になって雲間から太陽が覗いた。

 

 

2017年3月27日(月)モリアキ翁98歳の代理確定申告

320238

 

f:id:tomlin:20170327122301j:plain

書類の不備で受理されなかったモリアキ翁98歳の確定申告に代理で出かけた。冷たい雨のため、ユードラで。

 

f:id:tomlin:20170327132511j:plain

西川口税務署

 

f:id:tomlin:20170327153906j:plain

帰宅して昼食を済ませて午後3時、雨が上がったのでBW号で水汲みに。

 

f:id:tomlin:20170327154345j:plain

今日は大潮。1時間半後の満潮に向けて水位を上げる笹目川。芦原橋から。

 

f:id:tomlin:20170327154411j:plain

 

f:id:tomlin:20170327154426j:plain

 

f:id:tomlin:20170327154604j:plain

水汲み街道の水たまり

 

f:id:tomlin:20170327154713j:plain

 

f:id:tomlin:20170327161130j:plain

帰路、小堤橋から眺めた、更に水位を上げた(はずの)笹目川。

 

f:id:tomlin:20170327161142j:plain

 

f:id:tomlin:20170327161201j:plain

満潮時刻を迎えた笹目川。谷口上橋から。

 

f:id:tomlin:20170327163938j:plain

 

f:id:tomlin:20170327164008j:plain

 

f:id:tomlin:20170327164013j:plain

満潮をすぎた時刻に、池ノ尻橋を通過。今日、最後の買い出し。

 

f:id:tomlin:20170327173228j:plain

笹目川を渡るE2系。本当はE4系を撮影したのだけれど、ピントが甘かったのでこちらで代用。上越新幹線を走っているオール2階建て新幹線のE4系は2018年に運用を終了するというニュースがあった。先代のE1系も乗る機会がなかったのに、E4も乗らずに終わってしまうのか?

 

f:id:tomlin:20170327173231j:plain

 

f:id:tomlin:20170327173238j:plain

 

f:id:tomlin:20170327175207j:plain

 

f:id:tomlin:20170327175634j:plain

 

f:id:tomlin:20170327175903j:plain

 

 

 

2017年3月26日(日)冬のような冷たい雨

320207

 

f:id:tomlin:20170326173420j:plain

 

 今日は一日、原稿を書いてピアノを弾いて、自分の書いた曲ではない音楽をたくさん聴いた。

 こんな過ごし方は、この数年なかったことかも知れない。

 では、また明日。

 

 

 

2017年3月25日(土)BW号10600km通過

320182

 

 

モリアキ翁98歳の朝食後、レッスン開始前に昼食の買い出し。

f:id:tomlin:20170325102856j:plain

 

f:id:tomlin:20170325102900j:plain

谷口上橋から上流方向。

 

f:id:tomlin:20170325102917j:plain

 

f:id:tomlin:20170325103142j:plain

トライク(3輪自転車)のバスケットは特大サイズ。トイレットペーパーも買いだめできそうだ。

 

f:id:tomlin:20170325103228j:plain

なんと、BW号があと170mで10600kmを通過することに気づいた。危うく記録をスキップしてしまうところだった。

 

f:id:tomlin:20170325104257j:plain

 

f:id:tomlin:20170325104310j:plain

10600km通過。

 

f:id:tomlin:20170325104333j:plain

偶然にも笹目変電所の南葛線2番鉄塔の前。何かいいことがあるかも知れない(何も無いほうに、のど飴ひとつ)。

 

f:id:tomlin:20170325104340j:plain

 

f:id:tomlin:20170325154059j:plain

夕食の買い出し。

 

f:id:tomlin:20170325154441j:plain

久しぶりに満潮時間帯の笹目川。中央橋から下流方向。

 

f:id:tomlin:20170325162320j:plain

 

f:id:tomlin:20170325162358j:plain

 

f:id:tomlin:20170325162407j:plain

 

f:id:tomlin:20170325162423j:plain

笹目川を渡るE3系E2系の2編成連結。ちょうど太陽光を反射する角度だったので、キラキラ光りながら駆け抜けていった。

 

f:id:tomlin:20170325162427j:plain

 

f:id:tomlin:20170325162429j:plain

 

f:id:tomlin:20170325162436j:plain

 

f:id:tomlin:20170325175125j:plain

日没

 

 

2017年3月24日(金)輪行 武蔵水路 Part 1

320166

 

 強い北風の予報なので、今日はTN号で輪行して、利根大堰、あるいは武蔵水路沿いを走ることに決めた。

 例によってモリアキ翁98歳がデイサービスに出勤後、朝の家事を終えてからTN号を分解、収納、出発なので10時半ころに家を出た。

 

f:id:tomlin:20170324105356j:plain

TN号が入った大きな輪行バッグを担いで、埼京線の最後尾車両に乗り込んだ。最近はどこの駅にもエレベータがあるので便利だ。

 

f:id:tomlin:20170324105400j:plain

ガラガラなので、他の乗客の迷惑にはならなそう。

 

f:id:tomlin:20170324111932j:plain

大宮で高崎線に乗り換える。ここでもエレベータのお世話になった。15両編成の最後尾車両。

 

f:id:tomlin:20170324111937j:plain

まあまあ空(す)いている。

 

f:id:tomlin:20170324114659j:plain

武蔵水路にもっとも近い北鴻巣駅で降りる。改札階へはエレベータで昇る。

 

f:id:tomlin:20170324114852j:plain

改札を出て、西口のエレベータで地上へ降りる。

 

f:id:tomlin:20170324114855j:plain

 

f:id:tomlin:20170324115010j:plain

 

f:id:tomlin:20170324115045j:plain

輪行は速い。ここまで自走してきたら2時間以上かかることだろう。

 

f:id:tomlin:20170324115007j:plain

トンちゃんをバッグから出す。

 

f:id:tomlin:20170324115201j:plain

収納には15分くらいかかってしまうけれど、組み立ては素早くできるようになった。後輪のディスクローターをブレーキ・キャリパーに上手に入れられるようになったことが、速さの最大の要因。

 

f:id:tomlin:20170324120724j:plain

北鴻巣駅は、輪行向き。それにしても、北風がメチャクチャ強い。

 

f:id:tomlin:20170324121136j:plain

中山道を上って武蔵水路を目指す。

 

f:id:tomlin:20170324121338j:plain

武蔵水路。ここを北東方向に向かえば利根大堰なのだけれど、北風が強すぎて走る自信が、まるでない。

 

f:id:tomlin:20170324121530j:plain

というわけで、南西方向、つまり荒川方向に向かうことにした。

 

f:id:tomlin:20170324121658j:plain

とにかく誰もいない。フォローの風に押されてグングン進む。

 

f:id:tomlin:20170324122114j:plain

あっという間に荒川へ接続する額田樋管に到達。

 

f:id:tomlin:20170324122234j:plain

そして、荒川左岸堤防を走って糠田橋に。

 

f:id:tomlin:20170324122534j:plain

 

f:id:tomlin:20170324122537j:plain

久しぶりの糠田橋。歩道・自転車道下流側のみ。ここは横風なので、突風時には怖い思いをする。

 

f:id:tomlin:20170324122922j:plain

糠田橋を渡り終えても横風が続く。予報では風速6m/sなのだけれど、そんなに弱くない。瞬間最大風速は10m/sを楽々と超えているはず。TN号が左右に揺られて困る。困る困る困る。

 

f:id:tomlin:20170324122928j:plain

 

f:id:tomlin:20170324122940j:plain

北風が強すぎて、カメラのストラップが跳ね上がった時にレリーズしてしまったりする。

 

f:id:tomlin:20170324124013j:plain

こんな強風の日に走る酔狂なローディは少ないらしい。吉見総合運動公園のバイクラックにはTN号だけ。

 

 

f:id:tomlin:20170324124050j:plain

寒い季節の定番、赤いきつね。熱湯付き、170円。いつもは外のテーブルを選ぶのだけれど、今日は絶対無理。むりむりむり。

 

f:id:tomlin:20170324125212j:plain

荒川堤防は菜の花だらけ。ここからは風がフォローとなるので嬉しい。

 

f:id:tomlin:20170324125215j:plain

追い風10m/sだと36km/h巡航だってできる。

 

f:id:tomlin:20170324125804j:plain

ときどき40km/hだってありだ。あっという間に桜堤公園の桜の列が見えてきた。

 

f:id:tomlin:20170324125912j:plain

 

f:id:tomlin:20170324125918j:plain

あまり速いので、バリアの通過に神経を使う。

 

f:id:tomlin:20170324125937j:plain

桜は咲いていないけれど、蕾は膨らんでいる。

 

f:id:tomlin:20170324130119j:plain

と、思ったら、気の早い桜が咲いていた。

 

 

Part 2へ

  

 

 

 

 

2017年3月24日(金)輪行 武蔵水路 Part 2

320166

 

f:id:tomlin:20170324130124j:plain

 

f:id:tomlin:20170324130456j:plain

チラホラと咲き始めた桜もある。

 

f:id:tomlin:20170324130903j:plain

この標識の前を通るのも久しぶり。ここから作曲工房まで、あと36kmくらいだったか。

 

f:id:tomlin:20170324131103j:plain

浅間山

 

f:id:tomlin:20170324131116j:plain

地平線を見ながら走るなんて、実に幸せなことだ。

 

f:id:tomlin:20170324131119j:plain

フォローの風、サイコー!

 

f:id:tomlin:20170324131128j:plain

麦畑

 

f:id:tomlin:20170324131522j:plain

いつもは釣り人で賑わう鳥羽井沼自然公園の釣り堀も今日は3人だけ。北風に吹かれているだけでも辛いだろうと思う。

 

f:id:tomlin:20170324133127j:plain

ホンダエアポートを過ぎたところで左折して、樋詰橋(ひのつめばし)を目指す。長い橋を横風を受けながら走るのは、まっ平だから。

 

f:id:tomlin:20170324133409j:plain

横堤が風よけになって比較的、楽に走れる。

 

f:id:tomlin:20170324133608j:plain

と、思ったら横堤が終わって、強烈な北風突風。草がほとんど倒れそうな勢い。

 

f:id:tomlin:20170324133758j:plain

樋詰橋に到達、早く渡ってしまおう(下流方向)。

 

f:id:tomlin:20170324133801j:plain

こちらは上流方向。

 

f:id:tomlin:20170324133805j:plain

樋詰橋は一車線交互通行。

 

f:id:tomlin:20170324134453j:plain

竹藪コンチェルト。奥の樹々と竹藪は強風で異なる音を立てている。

 

f:id:tomlin:20170324134459j:plain

風に翻弄される竹たち。動画でなくとも風の強さが伝わると思う。

 

f:id:tomlin:20170324134625j:plain

草が全て南になびいている。風に背中を押されて走るのが楽しい。

 

f:id:tomlin:20170324134631j:plain

誰も走っていないので、実に快適。

 

f:id:tomlin:20170324134706j:plain

 

f:id:tomlin:20170324134955j:plain

上尾丸山公園そばの、いつもの四阿でエネルギーチャージ。

 

f:id:tomlin:20170324135643j:plain

開平橋と荒川

 

f:id:tomlin:20170324141620j:plain

樹々の先端が南になびいているのが分かる。

 

f:id:tomlin:20170324141625j:plain

信じられないスピードで走り続けている。

 

f:id:tomlin:20170324141750j:plain

 

f:id:tomlin:20170324142743j:plain

こんなところもびゅーん!

 

f:id:tomlin:20170324143751j:plain

ここにも桜堤がある。見頃まで、あと一週間か?

 

f:id:tomlin:20170324145255j:plain

こんな強風でもファンは観戦に来てくれる。

 

f:id:tomlin:20170324145259j:plain

ヤクルトスワローズ戸田球場

 

f:id:tomlin:20170324145402j:plain

PLフィルターがあれば、もっと立体的な感じに写ったことだろう。

 

f:id:tomlin:20170324145422j:plain

 

f:id:tomlin:20170324150630j:plain

北戸田駅北側。いつもの3分の2くらいの時間で戻ってくることができた。

 

f:id:tomlin:20170324173849j:plain

日没前に水汲みと買い出し。

 

f:id:tomlin:20170324175212j:plain

 

f:id:tomlin:20170324175244j:plain

 

f:id:tomlin:20170324175600j:plain

今日の夕焼けは短時間ながら綺麗なヴァーミリオンになった。

 

Part 1へ戻る

 

 

 

 

 

 

2017年3月23日(木)

320148

 

 

f:id:tomlin:20170323123740j:plain

ここ数日、干潮の笹目川ばかりだったけれど、ようやく水をたたえた姿を見ることができた。

 

f:id:tomlin:20170323123802j:plain

 

f:id:tomlin:20170323123950j:plain

 

f:id:tomlin:20170323144627j:plain

 

f:id:tomlin:20170323144624j:plain

 

f:id:tomlin:20170323144634j:plain

 

f:id:tomlin:20170323144840j:plain

東風でも西風でも、北風か南風だけが吹く埼京線沿いの風の隘路。

 

f:id:tomlin:20170323173424j:plain

午後のレッスンを終えてから、大急ぎで欠けた食材を買い求めに走った。

 

f:id:tomlin:20170323173841j:plain

 

f:id:tomlin:20170323175438j:plain

 

今日、夜の “さとみ” ちゃん(子どもじゃない!)のレッスンはジョン・レノンの「イマジン」の詩と、オノ・ヨーコさんの「グレープフルーツ」(正確には、そのダイジェストである「グレープフルーツ・ジュース」)だった。奇跡のような2作品に、彼女は衝撃を受けただろうか?