読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野村茎一作曲工房日記2

作曲家の野村茎一が日々の出来事を綴ります

2017年4月29日(土)やはり人間は未来を予測できないのかも

320928

 

 “海” は今日、羽田からアムステルダムに旅立った。有意義な連休になるように祈ろう。

 

f:id:tomlin:20170429225934j:plain

というわけで、“海” に届いた荷物の不在配達票を持ってJPの蕨本局に荷物を受け取りに行った。その途中でBW号が10900kmを通過。

 

f:id:tomlin:20170429225935j:plain

 

f:id:tomlin:20170429225936j:plain

通過したのは、こんな場所。もう間もなくR17に出るあたり。

 

f:id:tomlin:20170429225937j:plain

振り返ると、こんな風景。

 

f:id:tomlin:20170429225938j:plain

迂闊だった。蕨宿の旧中山道では、伝統の「植木市」開催中。

 

f:id:tomlin:20170429225939j:plain

この混雑の中、BW号を押し歩いて蕨本局を目指す。

 

f:id:tomlin:20170429225940j:plain

本来は、このように植物を販売する祭りであったはずなのに、屋台だらけになっていた。

 

f:id:tomlin:20170429225941j:plain

これは昼頃、干潮時間を迎えた笹目川。

 

f:id:tomlin:20170429225942j:plain

水位が下がると、川底にいる鯉の姿が浮かび上がる。

 

f:id:tomlin:20170429225943j:plain

 

f:id:tomlin:20170429225944j:plain

 

f:id:tomlin:20170429225945j:plain

 

f:id:tomlin:20170429225946j:plain

 

f:id:tomlin:20170429225947j:plain

雲が広がって、冷たい風が吹いてきた。帰宅直前に雨が降り始めた。

 

f:id:tomlin:20170429225948j:plain

モリアキ翁98歳の昼食を終えると、再び青空が戻ったので、パワーコープに向かう。すると再び空模様が怪しくなり、非常に強い風が吹き始めた。今回は北風。

 

f:id:tomlin:20170429225949j:plain

行き交うクルマは前照灯を点灯。瞬間最大風速は10m/sを優に超えている。

 

f:id:tomlin:20170429225950j:plain

これはBW号のディンプルキーの一部。セキュリティ保護のために残り3つの凹部は画像処理してある。

パワーコープに到着した時、ロックしてキーを抜こうとしたら、キーが折れてキー穴に詰まっていた。樹脂製のグリップ部分は、どこかへ飛んでいってしまったらしい。金属疲労でキーが折れるなどとは、全く予期していなかった。

画像のディンプルのある先端部分は、パワーコープのマスターが抜き出してくれたもの。ほとんど取っ掛かりがなかったので、神業のようだった。

とにかくロックの解除はできず、埼京線で帰宅して、夕食後に再び出直すことに。ところが、ここで雨が降り出し、店内でしばし雨宿り。

 

f:id:tomlin:20170429225951j:plain

 

f:id:tomlin:20170429225952j:plain

暗雲は東へと去り、雨も止んだので帰宅することに。

 

f:id:tomlin:20170429225953j:plain

 

f:id:tomlin:20170429225954j:plain

雨に濡れる中浦和駅コンコース

 

f:id:tomlin:20170429225955j:plain

中浦和駅ホームからの夕陽。左下のピークは武甲山埼京線は一時全線で運行停止があった模様で、ダイヤが乱れていた。

 

f:id:tomlin:20170429225956j:plain

夕食を用意して、家族とモリアキ翁のお腹を満たしてから、BW号の予備のキーを持って再びパワーコープに出かけた。店は21時まで。20時38分発の下り電車は遅延が発生しているらしい(全てのダイヤかも知れない)。全く今日は予期せぬ事ばかりだ。念のため店に電話して21時までに到着するつもりであることを伝えた。

 

実は夕食を準備している時、激しい雷鳴と降雨があった。今日は大気が非常に不安定であったということだ。

 いずれにせよ、今日は予期せぬ出来事ばかりという印象だった。ヒトに未来は予測できないということをダメ押しされたような一日だった。

 

 

2017年4月28日(金)若洲海浜公園 Part 1/3

320898

 

 

f:id:tomlin:20170428232957j:plain

戸田市役所近くの後谷公園の新緑

 

f:id:tomlin:20170428232958j:plain

戸田橋へのアプローチスロープ。

 

f:id:tomlin:20170428232959j:plain

 今日の荒川

 

f:id:tomlin:20170428233000j:plain

右岸CR

 

f:id:tomlin:20170428233001j:plain

 鹿浜橋で左岸に移る

 

f:id:tomlin:20170428233002j:plain

鹿浜橋

 

f:id:tomlin:20170428233003j:plain

 

f:id:tomlin:20170428233004j:plain

 左岸は大抵空いている

 

f:id:tomlin:20170428233005j:plain

 上平井水門

 

f:id:tomlin:20170428233006j:plain

 綾瀬川(左)と中川(右)の合流点

 

f:id:tomlin:20170428233007j:plain

葛西橋で右岸に戻る。干潮時間帯で、荒川は干潟状態。

 

f:id:tomlin:20170428233008j:plain

 

f:id:tomlin:20170428233009j:plain

 右岸CR突端部到達。風の塔が、かろうじて見える。画像はコントラストを強調してある。

 

f:id:tomlin:20170428233010j:plain

ここで360kcalチャージ。

 

f:id:tomlin:20170428233011j:plain

 

f:id:tomlin:20170428233012j:plain

 

f:id:tomlin:20170428233013j:plain

 

f:id:tomlin:20170428233014j:plain

 

f:id:tomlin:20170428233015j:plain

清砂大橋のところで荒川から出て、若洲海浜公園に向かう。

 

f:id:tomlin:20170428233016j:plain

 

f:id:tomlin:20170428233017j:plain

若洲

 

f:id:tomlin:20170428233018j:plain

夢の島熱帯植物園

 

f:id:tomlin:20170428233019j:plain

新木場駅。JR京葉線東京メトロ有楽町線、東京高速臨海鉄道りんかい線が乗り入れる。

 

f:id:tomlin:20170428233020j:plain

砂町運河

 

f:id:tomlin:20170428233021j:plain

 スミノフはウォッカのブランド

 

f:id:tomlin:20170428233022j:plain

 

f:id:tomlin:20170428233023j:plain

東京ゲートブリッジを横から見るポイント

 

f:id:tomlin:20170428233024j:plain

 若洲橋の画像はPart3/3にある。

 

 

2017年4月28日(金)若洲海浜公園 Part 2/3

320898

 

 

f:id:tomlin:20170428233025j:plain

若洲

 

f:id:tomlin:20170428233026j:plain

 

f:id:tomlin:20170428233027j:plain

羽田空港にアプローチするヒコーキ。ランディングギアを出し始めた。

 

f:id:tomlin:20170428233028j:plain

 

f:id:tomlin:20170428233029j:plain

すぐ上空を通過する。

 

f:id:tomlin:20170428233030j:plain

 

f:id:tomlin:20170428233031j:plain

風車

 

f:id:tomlin:20170428233032j:plain

若洲海浜公園入口

 

f:id:tomlin:20170428233033j:plain

海風に吹かれながら走るのは気持ち良すぎる。

 

f:id:tomlin:20170428233034j:plain

展望台

 

f:id:tomlin:20170428233035j:plain

CRを離れて海沿いの道を走る。

 

f:id:tomlin:20170428233036j:plain

風の塔が近い

 

f:id:tomlin:20170428233037j:plain

CRに戻って公園南端を目指す。

 

f:id:tomlin:20170428233038j:plain

東京ゲートブリッジ

 

f:id:tomlin:20170428233039j:plain

リア充出現注意

 

f:id:tomlin:20170428233040j:plain

 

f:id:tomlin:20170428233041j:plain

 

f:id:tomlin:20170428233042j:plain

ここでエナジーチャージ。380kcal。

 

f:id:tomlin:20170428233043j:plain

 

f:id:tomlin:20170428233044j:plain

JR京葉線橋梁と荒川河口橋を海側から眺める。

 

f:id:tomlin:20170428233045j:plain

砂町運河

 

f:id:tomlin:20170428233046j:plain

まるで山脈のような雄大積雲。積乱雲に発達するのか?

 

f:id:tomlin:20170428233047j:plain

マクドナルド砂町南店のドライブスルーをTN号で通過、ロードバイクもOK。1000kcalほど追加チャージ。ここは、いつもの新砂めぐみ公園。

 

f:id:tomlin:20170428233048j:plain

 

f:id:tomlin:20170428233049j:plain

 

f:id:tomlin:20170428233050j:plain

葛西橋で左岸に移る

 

f:id:tomlin:20170428233051j:plain

上平井水門の工事を行なう巨大クレーン。

 

f:id:tomlin:20170428233052j:plain

 

 

 

2017年4月28日(金)若洲海浜公園 Part 3/3

320898

 

 

f:id:tomlin:20170428233053j:plain

彫刻アートのような「かつしかハープ橋」の大ハープ。

 

f:id:tomlin:20170428233054j:plain

 

f:id:tomlin:20170428233055j:plain

鹿浜橋

 

f:id:tomlin:20170428233056j:plain

鹿浜橋を渡って右岸に戻る

 

f:id:tomlin:20170428233057j:plain

北方向に暗雲

 

f:id:tomlin:20170428233058j:plain

新河岸川終点と隅田川起点

 

f:id:tomlin:20170428233059j:plain

戸田橋を越えて、秋ヶ瀬橋経由で帰宅することに。いつもは河川敷ルートを走るのだけれど、右岸堤防上に登ってみた。

 

f:id:tomlin:20170428233100j:plain

左岸側の眺め

 

f:id:tomlin:20170428233101j:plain

振り返って下流方向

 

f:id:tomlin:20170428233102j:plain

新幹線

 

f:id:tomlin:20170428233103j:plain

重機萌えだから、こういうのは黙って付き合うこと。

 

f:id:tomlin:20170428233104j:plain

ついでに工事現場萌えだから、つまらんとか言わずに付き合うのが吉。

 

f:id:tomlin:20170428233105j:plain

荒川が進路を変える場所。朝霞水門近く。

 

f:id:tomlin:20170428233106j:plain

朝霞水門

 

f:id:tomlin:20170428233107j:plain

 

f:id:tomlin:20170428233108j:plain

 

f:id:tomlin:20170428233109j:plain

 

f:id:tomlin:20170428233110j:plain

 

f:id:tomlin:20170428233111j:plain

秋ヶ瀬取水堰

 

f:id:tomlin:20170428233112j:plain

秋ヶ瀬橋

 

f:id:tomlin:20170428233113j:plain

帰宅したら“海” が来ていたので、2人でラーメンだのピザだのを食べまくった。ついでにコーラの太ったボトルを1本飲み干した。それからBW号で買い出しに。夕食をたくさん作ってたくさん食べてやる!

 

f:id:tomlin:20170428233114j:plain

 

f:id:tomlin:20170428233115j:plain

 

f:id:tomlin:20170428233116j:plain

 

f:id:tomlin:20170428233117j:plain

一度帰宅してから、さらなる食材を求めて2店舗目に向かう。

 

f:id:tomlin:20170428233118j:plain

 

f:id:tomlin:20170428233119j:plain

 

f:id:tomlin:20170428233120j:plain

 

今日は102kmのライド。明日は大気が不安定ということなので、おとなしく作業する予定。

 

 

2017年4月27日(木)久しぶりに姉と会う

320880

 

 

f:id:tomlin:20170427222029j:plain

北戸田駅 東口 駅前通り(勝手に付けた仮称)の工事も佳境を迎え、現在、バリアがあって進入できない道を通るようになる、という知らせ。

 

f:id:tomlin:20170427222030j:plain

世界は常に動いている。というと大げさだけれど、いつの間にかニトリがイオンスタイル北戸田内にオープンする。

 

f:id:tomlin:20170427222031j:plain

地球と月が動いていることを感じさせるのは、感潮帯にある笹目川の水位の変化。

 

 今日は久しぶりに私の姉が我が家を訪れていたので、外出の機会が減って画像は3枚のみ。

 今日は、共通するいろいろな話題で二人して笑い転げていたのだけれど、その姿を見ずに声だけを聞いていたら、さぞかし若い二人に思えたことだろう。1年分くらい笑ってしまった。NK細胞が増えて、二人とも免疫力が上がったに違いない。

 

 

2017年4月26日(水)国立新美術館 ミュシャ展 スラヴ叙事詩 全20作に圧倒される Part 1

320852

 

 モリアキ翁98歳をデイサービスに送り出してから、カミさんと国立新美術館で開かれているミュシャ展に。

 

f:id:tomlin:20170426212400j:plain

薄雲を突き抜けて姿を現した太陽。傘は持たずに出かけた。

 

f:id:tomlin:20170426212401j:plain

東口駅前通りの工事(画像右側)は着々と進んでいる。

 

f:id:tomlin:20170426212402j:plain

JR信濃町駅で降りて新美まで歩く。新美の最寄り駅は東京メトロ乃木坂駅だけれど、カミさんは信濃町駅から歩くのが好み。ちなみに私は代々木駅から歩くのが好き。

 

f:id:tomlin:20170426212403j:plain

明治記念館を通り過ぎ・・・、

 

f:id:tomlin:20170426212404j:plain

「ごんだわら」交差点(港区元赤坂)を渡る。

 

f:id:tomlin:20170426212405j:plain

 

f:id:tomlin:20170426212406j:plain

港区立青山中学校。校舎に掲げられているのは「真剣な学習」「節度ある行動」。時間に余裕がある人はウィキペディアでチェック。前身である新星中学校時代をも含めた卒業生が凄い。

 

f:id:tomlin:20170426212407j:plain

 

f:id:tomlin:20170426212408j:plain

権田原交差点から、この青山一丁目交差点までは東宮御所沿いを歩く。

 

f:id:tomlin:20170426212409j:plain

 

f:id:tomlin:20170426212410j:plain

 

f:id:tomlin:20170426212411j:plain

新美の西口(?)から入ると水玉だらけ。それもそのはず。ミュシャ展と同時開催されているのが「草間彌生展」。

 

f:id:tomlin:20170426212412j:plain

 

f:id:tomlin:20170426212413j:plain

チケット売り場に並ぶ列。30分待ちだった。

 

f:id:tomlin:20170426212414j:plain

 

f:id:tomlin:20170426212415j:plain

敷地内の木々の水玉は「木に登った水玉(2017)」という作品だった。

 

f:id:tomlin:20170426212416j:plain

いいなあ彌生さん。

 

f:id:tomlin:20170426212417j:plain

ミュシャ展で一室だけ撮影を許可された展示室があった。これは「聖アトス山」。 4m5cm☓4m80cm

 

f:id:tomlin:20170426212418j:plain

「ロシアの農奴制廃止」 6m10cm☓8m10cm

 

f:id:tomlin:20170426212419j:plain

「イヴァンツィツェの兄弟団学校」 6m10cm☓8m10cm

 

f:id:tomlin:20170426212420j:plain

「スラヴ民族の賛歌」 4m80cm☓4m5cm

 

f:id:tomlin:20170426212422j:plain

一部拡大

 

f:id:tomlin:20170426212421j:plain

「スラヴ菩提樹の下でおこなわれるオムラジナ会の誓い」3m90cm☓5m90cm

(未完成)

 

 イラストレーター時代のミュシャの仕事とは一線を画す渾身の作品群に圧倒されて会場を後にした。

 展示は、パリ時代の作品も含めて90点以上。見応え充分な展覧会だった。

 

 

 

2017年4月26日(水)国立新美術館 ミュシャ展 スラヴ叙事詩 全20作に圧倒される Part 2 帰宅するまでと帰宅後

320852

 

f:id:tomlin:20170426212423j:plain

青山霊園青山葬儀所では三遊亭圓歌師匠の葬儀。

 

f:id:tomlin:20170426212424j:plain

 

f:id:tomlin:20170426212425j:plain

 

f:id:tomlin:20170426212427j:plain

「カキドコロ」などという店を見つけたら入らざるを得まい。

 

f:id:tomlin:20170426212426j:plain

お昼はカキフライ定食

 

f:id:tomlin:20170426212428j:plain

ここは、ブリヂストンが展開するオーダー自転車の店。

 

f:id:tomlin:20170426212429j:plain

 

f:id:tomlin:20170426212430j:plain

突き詰めるとオーダーバイクになるのだろう。

 

f:id:tomlin:20170426212431j:plain

 

f:id:tomlin:20170426212432j:plain

青山のリアルエステート探訪。3億7千800万円、高いのか安いのか見当もつかない。

 

f:id:tomlin:20170426212433j:plain

 

f:id:tomlin:20170426212434j:plain

 

f:id:tomlin:20170426212435j:plain

巨人の国のベンチ

 

f:id:tomlin:20170426212436j:plain

 

f:id:tomlin:20170426212437j:plain

 

f:id:tomlin:20170426212438j:plain

キラー通り商店会。キラー通りの名付け親はコシノジュンコさんらしい。

 

f:id:tomlin:20170426212439j:plain

 

f:id:tomlin:20170426212440j:plain

一軒だけ、廃屋のような一軒家が。

 

f:id:tomlin:20170426212441j:plain

新国立競技場の工事現場。クレーンマニアの聖地と化している。

 

f:id:tomlin:20170426212442j:plain

 

f:id:tomlin:20170426212443j:plain

千駄ヶ谷駅。新宿で乗り換える時には最後尾車両に乗る。

 

f:id:tomlin:20170426212444j:plain

北戸田駅前通りの工事現場。路床は完成。

 

f:id:tomlin:20170426212445j:plain

最後に残った一軒。引っ越しは終わっている。

 

f:id:tomlin:20170426212446j:plain

今日は、強い風が吹いていて体感温度が低い。

 

f:id:tomlin:20170426212447j:plain

南に向かう時にはBW号のアシストスイッチをONにしたくなるほどだった。谷口上橋から下流方向。

 

f:id:tomlin:20170426212448j:plain

同、上流方向。

 

f:id:tomlin:20170426212449j:plain

今年生まれた子どものカモたち

 

f:id:tomlin:20170426212450j:plain

 

f:id:tomlin:20170426212451j:plain

2度目の買い出し。ここはいつもの芦原橋

 

f:id:tomlin:20170426212452j:plain

南風に揺れる水面

 

f:id:tomlin:20170426212453j:plain

谷口公園のケヤキ

 

f:id:tomlin:20170426212455j:plain

 

f:id:tomlin:20170426212454j:plain

日没直前

 

f:id:tomlin:20170426212456j:plain

夕陽を受けて輝く窓