読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野村茎一作曲工房日記2

作曲家の野村茎一が日々の出来事を綴ります

2017年2月13日(月)彩湖を走るも北風に撃退される

319215

 

 家事を終えてから、荒川上流を目指してTN号で出発。

 

f:id:tomlin:20170213111518j:plain

大型のトップチュープバッグを入手。iPhoneも直接操作でき、その下のバッグ容量が大きいのでモバイルバッテリーから携行食まで入れられて便利。今日はバックパックを背負わずに出かけられる。

 

f:id:tomlin:20170213113509j:plain

久しぶりの彩湖東岸。大気が澄んでいて、朝霞市街もくっきり見える。

 

f:id:tomlin:20170213113522j:plain

富士山もこのとおり

 

f:id:tomlin:20170213113532j:plain

街なかを走っている時には大したことはなかったのに、北風が想像以上に強い。というか、めちゃくちゃ強い。

 

f:id:tomlin:20170213114159j:plain

無理やりペダルを回したら、最大心拍数(概ね年齢で決まる)を超えて169BPMに。すぐに休んで回復。

 

f:id:tomlin:20170213114509j:plain

ところが、再び走り始めると、どうしても北風に対抗したくなって、今度は181BPM。これじゃアポロ11号の飛行士と同じだ。

 

f:id:tomlin:20170213114640j:plain

走り始めると、ついついムキになって全力走行してしまう。

 

f:id:tomlin:20170213115006j:plain

北風のバカヤロー!とか叫びなから、でも写真は撮ったりして、いい加減に走っている。

 

f:id:tomlin:20170213115021j:plain

秩父の山々も、いつもよりくっきりと見える。

 

f:id:tomlin:20170213115028j:plain

武甲山

 

f:id:tomlin:20170213115047j:plain

無人の彩湖

 

f:id:tomlin:20170213115403j:plain

気がつくと、220BPM。これは危険すぎる。あきらめて帰ることに。心拍計がなければ、本当に心停止していたかも。

帰路、南に向かうと、全くペダルを回さなくともぐいぐい進んで実に楽だった。

 

f:id:tomlin:20170213133332j:plain

BW号に乗り換えて水汲みに行く時もフォローの風で楽々。帰路は電動アシストONで、アゲインストの風をキャンセル。BW号楽ちん。

 

f:id:tomlin:20170213155508j:plain

 

f:id:tomlin:20170213155517j:plain

 

f:id:tomlin:20170213161115j:plain

午後遅くなると風も弱まって、笹目川も穏やかに。今日の最高気温は10度くらい。風があったので数字よりも寒く感じた。

 

f:id:tomlin:20170213161124j:plain

 

f:id:tomlin:20170213161145j:plain

 

f:id:tomlin:20170213161345j:plain