読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野村茎一作曲工房日記2

作曲家の野村茎一が日々の出来事を綴ります

2016年8月14日(日)

313583

 

 TN号で2ヶ月ぶりの荒川河口ルーティンに出かけようと思ったら、いきなりシューッという音とともに後輪のエアが抜けた。

 これは絶対パンクではないと思って、チューブを引っ張りだしてみたところ、バルブの根元に亀裂が見つかった。

 すぐにいつも携帯している予備チューブ(ミシュラン)と交換。それにしてもタイヤを外すのもチューブ交換も早くなったものだ。

 予備チューブが無くなってしまったので、河口とは反対方向のパワーコープに向かった。

 パワーコープでボントレガーのチューブを2セット買って、ついでにパナレーサーのワンタッチフロアポンプを押さえて、荒川河口ではなく上流に向かった。

 

f:id:tomlin:20160814140722j:plain

羽根倉橋上流側の稲は、もう出穂していて季節の移り変わりを感じさせた。

 

f:id:tomlin:20160814140734j:plain

この緑のトンネルは涼しい。とても涼しくて嬉しくなる。

 

f:id:tomlin:20160814141539j:plain

今日は弱い北風。水田ルートの緑もあと少しで金色に変わることだろう。

 

f:id:tomlin:20160814141545j:plain

遠くに治水橋

 

f:id:tomlin:20160814143329j:plain

優雅に舞い降りてきたダイサギ

 

f:id:tomlin:20160814144524j:plain

いつもの祠

 

f:id:tomlin:20160814145029j:plain

これはびっくり。開平橋のすぐ上流にある川岸屋(バイクラックのある手打ちうどんの店)のとなりに建売住宅が建って、今日はオープンハウスの日だった。最寄り駅は直線距離で3.3km離れた川越線 指扇(さしおうぎ)駅。高崎線 上尾駅まで5km。東京駅と新宿駅間の直線距離が6kmであることを考えると、交通の便が良いとは言えないけれど、家の前を荒川CRが走っているのは魅力的かも知れない。

 

f:id:tomlin:20160814145529j:plain

ヒグラシの鳴く森。円山公園の北西方向、榎本牧場まで1kmくらいのところ。

ヒグラシの鳴き声が、こんなに魅了的だったとは。しばし立ち止まって聴き入ってしまった。

 

f:id:tomlin:20160814150000j:plain

榎本牧場の駐車場は満車

 

f:id:tomlin:20160814150222j:plain

店の外まで行列。今日は少しくらい並んでもアイスクリームが食べたい。

 

f:id:tomlin:20160814150910j:plain

今日はラムレーズン。写真撮るのを忘れて食べまくってしまった。もっと大きいので勘違いしないように。

 

f:id:tomlin:20160814151755j:plain

ACR左岸に戻ったところ。北に向かって樋詰橋で右岸に渡る周回コースで帰ろうかと思ったけれど、夕食を作る時間を考えると、直帰コースが懸命か?

 

f:id:tomlin:20160814152631j:plain

結局、直帰コース。それも大宮国際カントリークラブ内を走って旧上江橋の橋脚遺跡に出る最短距離。

 

f:id:tomlin:20160814152842j:plain

開平橋をアンダーパスしてCRではない農道を走る。

 

f:id:tomlin:20160814152940j:plain

ほどなくゴルフ場。ほとんど無人。

 

f:id:tomlin:20160814153723j:plain

 

f:id:tomlin:20160814153734j:plain

指扇線47番の勇姿。かなり古いタイプ。

f:id:tomlin:20160814153908j:plain

旧上江橋橋脚

 

f:id:tomlin:20160814155951j:plain

草の生い茂るACR左岸ルート

 

f:id:tomlin:20160814162258j:plain

彩湖に戻ってきた。

 

f:id:tomlin:20160814162304j:plain

彩湖の案内板と石碑が草に埋もれそうになっている。気温は32.8度。走っている限り暑さは感じない。