読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野村茎一作曲工房日記2

作曲家の野村茎一が日々の出来事を綴ります

2016年11月13日(日)治水土木技術の粋を結集した武蔵水路と雄大な利根大堰 Part 1

316551

 

以前から計画していた利根大堰訪問を、今年最後かも知れない穏やかな気象状況の今日、家族の協力によって実現できた。

 

f:id:tomlin:20161113092920j:plain

9時10分、TN号を駆ってR17を北上。沿道にSTAFFのウィンドブレーカを着た人、警備会社の制服を着た人がたくさんいたので、すぐにイベントがあることが分かった。さいたま国際マラソンの横断幕などが登場し、自分の迂闊さを悔いた。道路規制が始まっていて、どちらに迂回すれば良いのか検討もつかない。

 

f:id:tomlin:20161113094259j:plain

マラソンがスタート。大変な人数。

 

f:id:tomlin:20161113100935j:plain

ここだけは通りたくなかった旧中山道東北本線アンダーパス。

 

f:id:tomlin:20161113101042j:plain

最短距離で時間を稼ごうとしたのに、タイム・アドバンテージは、迂回に次ぐ迂回であっさりと消えてしまった。

 

f:id:tomlin:20161113102658j:plain

偶然だけれど今日のマスクはサラヤのもの。こんなところに営業所があったのか。サラヤのマスクには遠目には目立たないSARAYAの刻印があって、外側と内側がひと目で判別できる。

 

f:id:tomlin:20161113104607j:plain

とにかくガンガン進む。

 

f:id:tomlin:20161113111235j:plain

北本市の境界標識を写しそこねて一気に鴻巣市に。

 

f:id:tomlin:20161113111817j:plain

 

f:id:tomlin:20161113112941j:plain

ファミリーマート鴻巣加美店で最初のカロリー補給。この店のすぐ先で旧道からR17に入る。

 

f:id:tomlin:20161113114851j:plain

R17の北鴻巣駅入口の景色。この風景を見たら、間もなく武蔵水路。

 

f:id:tomlin:20161113114856j:plain

 

f:id:tomlin:20161113115023j:plain

武蔵水路沿いには、4.5kmに及ぶ「さきたま緑道」という美しく整備された遊歩道がある。自転車道も併設されているけれど、武蔵水路の側道(管理道路)のほうが走りやすい。

 

f:id:tomlin:20161113115051j:plain

改良工事を終えたばかりの武蔵水路。武蔵水路の凄さについては以下のサイトを参照されたい。

 

武蔵水路 - Wikipedia

1300万人支える武蔵水路、脱・老朽化で防げ「東京砂漠」(日本経済新聞)

 

f:id:tomlin:20161113115120j:plain

武蔵水路の対岸には県道306号線が走っている。しかし、左岸の側道(管理道路)は自転車のためにあるようなもの。この管理道路は右岸に移ったりもするので要注意。

 

f:id:tomlin:20161113115158j:plain

右側がさきたま緑道。木陰に作られた遊歩道と自転車道からなる贅沢な道。天気と相まって、じつに美しい。

 

f:id:tomlin:20161113115315j:plain

こんな道を歩く人は幸せだ。

 

f:id:tomlin:20161113115402j:plain

さきたま緑道の自転車道。まるでパヴェ。トレックのドマーネ専用のようだ。ただし、ふつうのアスファルト舗装の部分も多い。

 

f:id:tomlin:20161113115411j:plain

美しすぎて速度を上げることができない。

 

f:id:tomlin:20161113115611j:plain

これは武蔵水路と交差する元荒川。元荒川サイフォンと呼ばれる流路で武蔵水路が元荒川をアンダーパスしている。武蔵水路にはサイフォンが6カ所もある。

 

f:id:tomlin:20161113115618j:plain

元荒川下流側

 

f:id:tomlin:20161113120616j:plain

さきたま古墳群の丸墓山(まるはかやま)古墳遠景。直径105m、高さ18m。日本最大の円墳。ここはクルマで来ても遠かったのに、いまではTN号でも来られる。ちなみに、この古墳と稲荷山古墳は登ることができる。

 

f:id:tomlin:20161113120630j:plain

 

f:id:tomlin:20161113120750j:plain

丸墓山古墳に武蔵水路が再接近したときに撮影。頂上の樹々は桜。

 

f:id:tomlin:20161113121954j:plain

武蔵水路の一部区間で並走する秩父鉄道5000系電車。実は、都営地下鉄三田線を走っていた6000系を譲り受けたもの。6000系の運用開始は1968年12月28日、運用終了は1999年11月28日。

 

Part 2に続く